借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

滞納している債務の債務整理の重要性

更新日:


債務整理は法律事務所へ

債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置していると、督促だけではなく、裁判所からの差し押さえ等が発生していく可能性もありえます。生活状況が苦しく、返済が来るしいと悩んでいるのではなく、信頼出来る法律事務所を探して、早期の債務整理を検討していくことが大切です。

債務の整理というと、一般的には馴染みが少ない方も多かったりするでしょうが、法律事務所を活用しての借金の整理には、大きく分けて3種類の方法が存在しています。債権者と相対で整理を実施していく形式での整理方法になる任意整理、裁判所を介する法的整理になっていく、個人再生や自己破産を利用するケースになっていきます。借金の整理をせずに、督促を放置していくことで、家庭に督促が来るだけではなく、職場にも督促が来るようになり、仕事へ影響が出ていく場合も有り得ます。中には、裁判所から差し押さえ請求が来てしまい、家財道具を差し押さえられていく場合もあり、借金を放置しておくことは、生活状況の悪影響を与えていくのは間違いはありません。早期に信頼出来る法律事務所を探し、残債n整理を進めていくことを検討していくのが良いでしょう。

債務整理を進めるにあたっても、借金を支払っていく意思があり、将来発生予定の利息分を消去していくことで、問題なく借金の返済を行っていけるのであれば、債権者との相対で整理を行っていける任意整理を活用していくのが良いでしょう。裁判所を介する他の整理方法とは違い、即座に対応を進めていくことが出来ますので、時間をかけずに督促をとめていくことが出来るようになります。日々の督促で悩み、生活や仕事にも支障が出るような状況であれば、即座に任意整理を活用しての整理を進めていくのが良いでしょう。利息分が無くなり、元本だけの返済になっていけば、無理なく返済を行っていけるようになる場合も多いはずです

個人再生を視野に

借金の金額が多く、任意整理のように利息分を消去するだけでは、支払を続けていくのが難しい場合も多かったりすることでしょう。利息分の消去をするだけでは難しく、元本の減少か消去を考える必要がある場合は、個人再生か自己破産を活用していくことになっていくでしょう。どちらも裁判所を介した法的な債務整理になっていきますが、利息だけでは無く、元本の減少や消去も行っていけるようになります。借金の消去を行っていくには、自己破産が良いですが、同時にマイホーム等の財産も失っていきます。マイホーム等の財産を残し、借金の整理を進めていくには、元本が5分の1になっていくだけですが、個人再生を用いた整理方法を活用していくのが良いでしょう

借金の返済を滞納したままで放置しているのは、生活や仕事に悪影響を与えていくようになります。一人で悩まずに、早い段階で、信頼できる法律事務所を見つけ、相談を行うように心がけていきましょう。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.