借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理後のキャッシングって可能?

更新日:

債務整理呉

債務整理後でもキャッシングを行うことはできますが、その方法はタイミングによって異なります。まず、金融業者が債務整理者であることを確認するには個人信用情報機関の異動情報を参照します。この記録が残っていなければ気付くことができないので、一般の申し込みと同様に利用条件を満たしていれば審査に通る可能性があります。異動情報は債務整理の種類によって保持される期間が異なりますが、5年から10年で削除されます。また、開示請求も行えるので、不安であればキャッシングの申し込みを行う前に確認しておくと良いでしょう。

ただし、審査で注意しなければならないことに保証会社の存在があります。銀行カードローンを利用する際などに、返済できなくなったときに代理弁済を行う会社であり、消費者金融や信販会社が多いです。返済の遅延が続き、代理弁済が行われると銀行だけでなく保証会社にもその記録が残ります。これは独自の記録であるため個人信用情報機関との関連性はなく、10年以上経過しても記録は残り続けます。そのため、直接その保証会社からキャッシングをして債務整理などをしていなくても債務整理者である記録が保持されていることがあり、そこに申し込んでも審査には通らなくなります。
銀行や大手の消費者金融は個人信用情報機関の記録を信用を確認するために重視しており、異動情報が残っている機械的に審査に落とされてしまうため、事情を説明して融通を利かせてもらうことができません。もし債務整理後で異動情報の記録も残っている状態でキャッシングを利用したい場合、中小の消費者金融の利用を検討すると良いでしょう。

キャッシングサービスを利用しよう

ブラックでも融資可能としている中小の消費者金融はありますが、実際には審査に通る確率は非常に低いことは知っておきましょう。返済能力の低い相手に融資すると貸し倒れのリスクが高くなるので、許可を得て営業している消費者金融が審査を省略することはありません。現在の返済能力に問題がなければ債務整理者でも利用を認めることがありますが、返済能力は通常よりも低く見られます。審査自体が銀行や他の消費者金融と比べて厳しいわけではありませんが、
債務整理者を騙そうとする闇金融などの悪徳業者にも注意が必要です。まず、中小の消費者金融の名前を騙って契約を取ろうとするケースがあるので、掲示されている情報と登録情報が一致しているのか調べて本物の業者であるか確認します。また、審査が甘いことは良いことではなく、返済できなくなったときに強引な取り立てが行われます。金利に関しても法定金利より高くされてしまうので返済の負担が大きくなります。
このように債務整理者でもキャッシングはできますが、制限もあります。一度問題を起こしてしまっているので安易に再度キャッシングを利用するのではなく、お金の使い方を見直すことも必要です。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.