借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理の中には、債務者が債権者に支払いを要求する過払い金返還請求がある

更新日:


債務整理の種類4つ

債務整理の種類は、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類です。基本的にはこの4種類なのですが、この中に過払い金返還請求も含めることがあります。ここでは、債務整理について簡単に解説をしたあとで、過払い金返還請求について紹介をします。

債務整理は借金を返済できなくなって困っている人がする手続きであり、借金の金額を減らしてもらうことが可能です。自己破産をすると借金をゼロにすることが可能です。一番大きく減額することができるのが自己破産となっています。

次に大きく減額することができるのは個人再生です。個人再生では100万円~500万円の借金なら100万円まで圧縮をすることができます。100万円より小さくは圧縮することができないので、ある程度の高額な借金がある人向けの手続きとなります。500万円~1500万円の借金がある人なら5分の1まで圧縮することができます。

一番利用する人が多いのが任意整理となっているようです。任意整理では利息と遅延損害金を全額カットしてもらえるようです。交渉によって借金を減額するので、絶対に成功するというわけではありません。特定調停でもほぼ同じくらいの減額ができます。特定調停は自分で裁判所へ行って手続きをする必要があるので手間と時間がかかりますが、弁護士に依頼をせずにする手続きなのでコストを節約できるというメリットがあります。

過払い金返還請求はというと、グレーゾーン金利で借金をしていた場合に、払いすぎた利息を返還してもらえる手続きとなります。払いすぎたお金を返還してもらう手続きなので、借金を減額する債務整理とはやや性質が異なります。

過払い金返還請求

過払い金返還請求ではまず最初に業者に対して取引履歴開示請求を行います。弁護士や司法書士に依頼をすると、取引履歴開示請求からすべて代理人としてやってくれます。個人でやる場合には、計算を間違えても業者は指摘してくれないので、慎重に計算を行うようにしておきましょう。

借金をすでに完済している人の場合は、払いすぎたお金が戻ってくるだけです。借金がまだ返済中の人は、引き直し計算を行うことで借金がゼロになる可能性があります。借金が残ってしまうと、その後任意整理などをしなければならなくなるので注意をしておきましょう。

個人で請求をすることも可能ですが、金額が大きい場合には弁護士や司法書士に依頼をしたほうがメリットが大きくなるのではないでしょうか。借金が残って債務整理になるかどうかについても重要なポイントなので、相談だけでも専門家にしておくことがおすすめです。過払い金の金額のほうが大きい場合には、債権者に対して支払いを要求することができます。個人で請求をすると4割~6割くらいの不利な和解になってしまう可能性も高くなるので、100%近い過払い金を回収したい人は弁護士や司法書士に依頼をしておくべきでしょう。最近では弁護士に依頼をしても裁判をやらなければ100%は回収できないことも増えているようです

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.