借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理中でも借り入れできるのか?

投稿日:

債務整理とは債務である借金を整理していくことであり、いくつか異なる方法があります。自己破産や任意整理・過払い金請求などがあり、それぞれ方法やその後に出てくる影響が異なります。中でも自己破産は借金を免除してもらうものですが、その分財産の保持が制限されたり破産した情報が残ってしまうデメリットもあります。任意整理の場合は借金を貸金業者との間で減額したり整理していくもので、返済の義務は無くなりません。借金の減額に関しては過払い金請求なども該当し、その中でどこまで減らせるかという部分は個人差が大きい部分です。ですが財産の保持に制限は無いため、自己破産よりデメリットは大きくありません。
債務整理を行うと、そこから数年間は信用情報というものに記載されます。金融機関などはこの信用情報を元に融資を決めていくので、記載されている期間は新しくお金を借りるのが難しくなってしまいます。自己破産や個人再生の場合は10年以内、特定調停や任意整理の場合は約5年間程度信用情報に記載されるようになっています。ですがこの期間はあくまでも返済が終わってからとなるので注意が必要です。
そのため債務整理中は借入ができないと認識されていますが、金融機関によっては貸し出しをしてくれるケースもあります。自己破産の場合は難しいケースが多いのですが、任意整理は返済能力がある程度ある状態であるとみなしてくれることもあるからです。返済能力があると金融機関が判断する基準としては、借り入れを申請する時に定職についているかどうか、また一定の収入が確保できるかどうか、また債務整理の状況や返済状況などを総合的に判断します。また財産の保有状況などから返済能力が判断されることもあります。
金融機関同様消費者金融でも信用情報で新規の借り入れの判断を行っています。そのため即日融資可能などの大手消費者金融では、審査が通らないことがほとんどです。ですが消費者金融の中でも規模が大手よりも小さいところでは、状況に応じて借り入れの審査が通ることがあります。その場合でも返済能力による部分は影響しますし、借り入れ金額によっても左右されます。一方債務整理中に簡単に借入ができる消費者金融は、その分リスクもある可能性が高くなります。いわゆるヤミ金融というもので、高い金利などを請求されるリスクもあるため安易に借りないようにすることが大切です。
債務整理中は簡単にお金が借りられないために、どうにか審査が通るところを探そうとしていくつもの金融会社に申し込みをしてしまうケースがみられます。ですが申込情報は信用情報同様に、金融機関同士・消費者金融同士で情報を開示し合っていることがあります。そのため申し込みが多ければ多いほどお金に困っていると判断され、借り入れを認めないと判断されてしまうこともあるのです。そのためできるだけ安易に借り入れの申し込みを行わないようにし、審査が通るであろうと判断された時にだけ申し込みを行うようにします。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.