借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理を考えるなら任意整理のススメ

更新日:


任意整理という選択

会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働くのが難しい場合や、長時間の仕事が難しい場合は、定期的な返済が大変になると予想されるため、借金の金額自体を減額できたり、帳消ししたりできる債務整理の方法が向いていることがありますので、法律事務所に出向き、専門家に相談して対処するようにしてください。
任意整理は、他の債務整理の方法とは違い、地方裁判所を通さずに私的に借金問題を解決する方法となります。裁判所を通さないので、家族や勤務先にも知られずに済むでしょう。個人が直接対応するのは難しいので、たいていの場合は、弁護士や司法書士に委任して代わりに交渉してもらうことがほとんどでしょう。借入している元金自体を減額できる訳ではありませんが、相手先の金融機関との話し合いで歩み寄りをし、借入を解決しないままにしていた場合に発生する利息を帳消しにする代わりに、元金部分のみを決められた回数で支払うことで合意することが多いです。合意したら和解したことを示す契約書を作成します。

過払いであったケース

また、対応できるケースとして、利息制限法の規定の上限金利よりも多い金利で払っていた場合は、利息分を過払いしていることになり、返還請求をすることにより借入残高と相殺できることもあります。複数社に借金がある場合は、私的に整理できることから、個々の金融機関に伝えずに返済問題を伝える必要がありませんので、個別に任意整理をするかしないかを決めることができます。借金の金額や金利の高い借入のみを任意整理し、知り合いの借金やクレジットカードは債務整理の対象外とすることで、決められた金額の返済を進めることで、知り合いに知られずに返済を軽減できたり、当座のクレジットカードは手元に残すことができたりする場合があります。ただし、現在取得しているクレジットカードが、有効期限を迎えた時に更新審査があります。その際に信用情報を閲覧して、他の借入の債務整理をしたことが判明すれば、継続して保有できるかどうかは定かではありません。
任意整理の手続きをすると、3年~5年の間で決められた回数で支払うことになります。遅延せずに支払い終えた場合には、解決してから5年間は、信用情報に記載されます。遅延などがあった場合には、最終支払日から5年ほど消去されずに残ることがあります。他の債務整理の場合は、信用情報に記載される期間が7年~10年かかる場合があります。任意整理は他の方法と比べて、借入の元金の支払いを減額せずに支払っていることから、ペナルティが軽く、記載されている期間が短縮されていると考えられます。借入やクレジットカードの申込をしても審査に通りません。早く契約できるようになるためにも、支払日を守り、記載される期間を短縮出来るようにしましょう。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.