借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理の過払い請求と債務の減額

更新日:

減額

過払い請求を知ること

借金は知らないうちに膨らんでしまうものです。計画的に返済できているうちはいいのですが、支払額が2割を超えるようになると警戒が必要になります。家計の大半が返済に回るようでは、生活そのものが成り立ちません。明らかに無理が生じるようであれば、債務整理を検討していくべきです。そうすれば支払いが一部、またはすべて免責され、生活再建の目処が立ちます
ここで一緒に利用したいのが、過払い請求です。借金には必ず金利がつきますが、かつては不当な利率が課せられていました。それを業界上げて放置していたため、長らく利用者は不利益を被ってきたのです。そこで法律を見直し、法曹界も取り組みを進めていくことで、正当な権利を取り戻す動きが続いてます。支払い過ぎた金利は法律に基づいて請求しなければ、手にすることはできません。法律事務所などが盛んに広報しているのは、こうした理由に基づくためです。
金融機関からお金を取り戻せれば、結果的に債務の減額に繋がります。債務整理というと自己破産という、すべての借金が免責される代わりに、財産を失うイメージを持たれがちです。しかし個人再生や任意整理、特別調停といった方法ならば、借金を圧縮しつつ、一定の財産を守れます。過払い請求を併用するのは、こうしたケースの場合です。払い過ぎた金利を取り戻す代わりに残っている債務と相殺し、減額を認めさせることができます。ときには借金よりも、請求して取り戻せる額のほうが上回ることも珍しくありません。

過払い請求におけるメリット

ただ、こうした債務整理を成功させるためには、事前の準備と専門的な知識が不可欠です。まず現状抱えている借金の総額と、利用している金融会社や個人を特定することが求められます。その上で、債権者に対して個別に連絡して手続きを実行する旨を連絡しなければなりません。ときには相手側から激しく詰問されることもあり、非常にタフな交渉を要求されます。そこに過払い請求を加えると、さらなる抵抗も予想されますので要注意です。スムーズに事を運びたいのであれば、最初から法律の専門家のアドバイスを受けて実施していきましょう。それが、債務の減額を勝ち取る近道です。
なにかと便利な債務整理ですが、デメリットもきちんと把握しておくべきです。たとえばほとんどのケースで、信用機関にリストアップされ、ブラックリストとして記載されます。こうなると、新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組むこともできません。スマートフォンの分割払いなども、この範囲に入りますので、様々な場面で制限を受けることになります。しかも情報が残る期間は最長で10年となり、それを短縮する手立てはありません。法律の専門家と相談する際には、こうした内容も教えてくれますから、落ち着いて聞いておきましょう。何年も支払いが続いている人ほど、過払い請求におけるメリットは大きくなります。正当な手続きを経て、債務の減額を勝ち取っていきましょう。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.