借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

キャッシングで多重債務になった時には債務整理を

更新日:


キャッシングサービスを利用しよう

お金に困った時には、金融機関やカード会社が提供するキャッシングサービスが便利です。このサービスを利用する時は審査の申し込みをして、審査に通ればお金を借り入れることができます。ただし、お金の借り入れには金利が付き、金利の値は利息の支払いに影響します。例えば、金利18%で10万円を借りた場合、1ヶ月で1500円の利息が発生します。借り入れ期間が長ければ長いほど利息の総支払額は増えていきます。利息は借り入れ残高を参照して計算されるので、毎月少しずつでも返済すれば利息の総支払額は少なくなります。
キャッシングはネット申し込み可能で、最短1~3日でお金を借りられるというメリットがあります。手軽に利用できる反面、複数の金融機関でお金を借りて多重債務になってしまう人も少なくありません。多重債務になると複数の金融機関への返済に追われてしまいます。この状態になってしまったら、早めに債務整理をするのが良いでしょう。
自分で行う債務整理には、複数の借り入れを1つにまとめる方法があります。おまとめローンと呼ばれるサービスなどが該当します。一般的な金融機関は借り入れ金額が高くなるほど金利が低くなる性質があります。しかし、複数の金融機関で借り入れを行っていると、当然各金融機関毎の金利で利息の計算が行われます。50万円の借り入れが2つの時よりも、100万円の借り入れが1つの方が利息は少なくなるので、おまとめローンを活用して借り入れを1つにした方が良いと考えられます。おまとめローンでまとめた借り入れは分割返済が可能です。毎月1回の返済を怠らなければ、いずれは借り入れを完済することができます。おまとめローンは返済能力に余力がある人が利用できるサービスです。
返済能力に難がある時は債務整理を専門家に依頼するのが良いでしょう。専門家は利用者にとって最適な方法を提案してくれます。任意整理を提案された場合は、今後の返済金額または利息の減額が適応されます。これによって返済の総負担が減るのは大きな魅力だと言えます。任意整理は裁判所を通さずに専門家が金融機関に交渉してくれます。大きな騒ぎにならずに利用できるのはメリットです。

自己破産を提案されたら

債務整理で自己破産を提案された時は、全ての返済義務から開放されます。自己破産の条件は任意整理でも返済するのが難しいという場合に提案されます。返済義務から開放される代わりに、金銭価値のある物を差し押さえられてしまいます。幸い、仕事で使う物や最低限生活する為に必要な衣類などは残ります。最大のデメリットはブラックリスト入りすることで、これから20年以上先までお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることが難しくなります
キャッシングは便利なサービスですが、しっかり返済できるように借り入れ金額を決めましょう。手軽に利用できることで、金銭感覚がおかしくなってしまう人も少なくないです。お金を借りているという実感を忘れないようにしたいです。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.