借金問題を弁護士相談で解決!債務整理の最新情報

地球法学センター

債務整理

債務整理でブラック入り?債務整理と信用

更新日:


債務整理の手続きをすることです

借金の返済で苦労している時に有効なのが債務整理の手続きをすることです。手続き内容にもよりますが、利息のカットをはじめ、返済額の縮小、返済期限の延長、さらには返済そのものを免責してもらうことができます。時には人生までも狂ってしまう借金問題ですから、債務整理の手続きによって対策ができる場合は一つの選択肢として考えてみる価値があると言えます。しかしながらメリットの一方で注意しなければいけないこともあるのです。それはブラックリストに入れられてしまうことです。なお正確にはブラックリストというものはなく、信用情報機関に事故情報や異動情報として載ることを指しています。
債務整理の手続きを行うと、債権者からすると返済をスムーズに行えなかった人物ということになりますが、そういった経歴がある者は債権者の立場で考えるとリスクになり得ます。金銭的な被害を負うことにもなりますから避けたい存在に見られるのも無理はありません。それゆえにブラックリストにも載せて情報が共有されるようになり、要注意人物として扱いを受けるのです。

クレジットカードを作ることが難しくなる?

ブラックリストに載ってしまった場合に不便を感じられることがいくつか出てきますが、困りやすいのが新たに借金をしたり、クレジットカードを作ることが難しくなることでしょう。例えば車を買うために借り入れをしたいと思った時にも、金融会社の方で信用情報機関にアクセスをしますが、そこで問題があることが判明すると申し込みを拒否される可能性が高いです。大きな買い物をしたい時にもローンやクレジットカードが利用できないとなると不便を感じることもあるはずです。
しかしながらブラックリストにはずっと掲載され続けるわけではありません。所定の年数を経過することで消えてしまいますので、不便があり続けるわけでもないのです。
掲載される期間としては最低でも5年とされています。その間は制限が掛かった状態になりますので我慢が必要な時と言えるでしょう。しかし所定の期間を我慢すれば問題がないと判断され、ローンを組んだりクレジットカードを新しく作るなりすることが可能です。
債務整理をすることでブラックリストに載ってしまい不便を強いられることになります。そしてその点がネックと見られて債務整理が渋られてしまうこともあるようです。ブラックリストは信用情報に傷ができた状態ですので望ましいことではないでしょう。しかしながら借金に困っている場合は、速やかに手続きを行うことも大切なのです。もし延滞を起こしている場合ですと、その情報がずっと記録されてしまいます。対策をしない限りは終わりがありません。少しでも早くクリーンな状態になるためには、一刻も早く債務整理の手続きを行い問題を解決することが大切です。早ければ早いほど速やかにブラックリストから抜け出すことができ、そして何よりも借金問題を解消できるというメリットがあります。精神的に追い詰められやすい借金問題を抱え続けるのは大きなリスクですから、人生を改めるという意味でも早めの行動が欠かせないのです。

おすすめ記事一覧

1

任意整理の際に気を付けること 借金を整理するために、法律事務所に行き、債務整理として任意整理をすることになったなら、必ず決められた金額を毎月、法律事務所に支払わなければなりません。なぜなら、そのお金は ...

2

任意整理という選択 会社員の方で継続的な収入が見込める方が、借金の返済を軽減できる債務整理を検討しているのであれば、できるだけ任意整理を選択することをすすめます。ただし、病気や家族の介護等で、すぐに働 ...

3

債務整理の種類 債務整理は、債務の返済をすることが困難となった場合に整理することです。これには、法的整理と任意整理があります。法的整理には、自己破産と民事再生があります。自己破産は、わかりやすく言うと ...

4

債務整理は法律事務所へ 債務整理を活用することで、滞納している債務を解消していくことが出来るようになります。生活状況により、複数の業者に借入れてしまった債務の返済が滞ってしまい、返済をせずに放置してい ...

5

まずは相談すべき 借金をする理由はさまざまであり、必然性が認められる理由からそうではない理由まであります。ただ、理由が何であれ返済不能な状態になってしまった場合には、できる限り早急に対応策を検討しなけ ...

-債務整理

Copyright© 地球法学センター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.